鍋屋 スキヤキ御膳

群馬県下仁田といえば、

下仁田ネギ
下仁田こんにゃく

特に下仁田ネギは今がシーズン!

さらに大のネギ好きなので

「下仁田ネギを使った旬の料理が食べたい!」

ってことで、群馬県の下仁田までひと走りしてきました(^_^)v

今のシーズン、国道254号を走ると「下仁田ネギ」の看板やノボリが林立してます。

道の駅しもにたには、

下仁田ネギを売ってるところ下仁田ネギのアップ

下仁田ネギがズラ〜ッと並んで、ネギ好きの食欲をそそってくれますo(^o^)o

食事に向かったのは、

下仁田駅

質素な駅舎の下仁田駅近くにある

鍋屋外観

鍋屋

鍋屋店内の様子

店内は、お座敷とテーブル席にある、昔ながらの“食堂”風情。

壁に掲げられたメニューはけっこう多く充実してます。

僕と奥様がチョイスしたのが、名物下仁田ネギ&下仁田こんにゃくが入って、

この寒い時期にはやっぱり鍋でしょう!

ってことで、

スキヤキ御膳のお品書き

スキヤキ御膳

“御膳”なんて高そうな名前の割に1,000円なところもチョイスの理由(^_^)

注文すると、まず出てきたのが

固形燃料とたまごたまご

固形燃料とたまご。

さらに数分後に出てきたのが、

肉満載の鍋肉アップ

下の具材が見えない程に目一杯お肉が盛られたお鍋!

薄くスライスしたのが出てくるのかと思いきや、食べ応えありそうな厚切りお肉(^_^)

着火した直後

お鍋が載ったところで着火!

さらに

味噌田楽ごはんお新香

味噌田楽、ごはん、お新香、お味噌汁が出てきて、

料理が揃ったところ

“スキヤキ御膳”の品々勢揃い。

後はお鍋が煮えるのを待つだけo(^o^)o

お店の方から、

「鍋の縁からぐつぐつ煮えてきたら、混ぜてください」

との指示で、鍋の縁をひたすら注視!

煮えてきたところ鍋の縁

鍋の縁に近いお肉の色がだんだん黒くなってきて、かき混ぜはじめます。

すると、

かき混ぜはじめたところ

お肉に隠れていた食材たちが顔を出してきました(^_^)

上の写真には写っていませんが、実は大嫌いな椎茸も入ってます(^-^;

椎茸は奥様の鍋にプレゼントし、代わりに下仁田ネギを少々いただきました。

混ぜ混ぜすること数分で、

煮えたところ

“スキヤキ御膳”の完成\(^o^)/

まずはお肉から。

たまごの中のお肉

適度な肉厚に切られたお肉は柔らかくて、美味い!

次に下仁田ネギ。

たまごの中の下仁田ネギ

噛むほどに下仁田ネギ特有の甘味がジュワッと出てきて、柔らかい食感と相まって、これまた美味い!

すき焼きで入ってくる白菜がなく、代わり(?)なのか下仁田ネギがどっさり入っているので、たっぷり食べられるところもウレシイ(^_^)

さらに、下仁田こんにゃくのしらたき。

たまごの中のしらたき

シャキッとした歯応えあるしらたきで食感が楽しく美味しい。

ただ、食べ易くするためなのかしらたきが2〜3cmくらいに短く切られていて、箸でつかみにくかったのがちょっぴり残念。

さらにさらに、

たまごの中のえのき茸たまごの竹の子

えのき茸に、竹の子まで入ってます。

お肉も下仁田ネギもボリューム満点でお腹も満腹(^_^)

写真は撮らなかったんですが、味噌汁に刻みゆずが入ってて、ゆずの酸味がすっきりとした味わいとなって、料理をキレイに〆てくれました。

名産「下仁田ネギ」&「下仁田こんにゃく」を十分に堪能できた、冬ならではの美味しいすき焼き。

超オススメ料理でした(^_^)/

追記:ここの写真は2012年12月19日に撮影しました。


【鍋屋 スキヤキ御膳 データ】 
下仁田ネギ度   :甘味ある味に柔らかい食感が最高!
下仁田こんにゃく度:歯応えが心地いいしらたき
お肉度      :厚切りお肉はやわらかくて美味!
美味しさ度    :食材どれも美味しくバランスの取れた美味しさ
値段度      :スキヤキ御膳1,000円 この量と味で1,000円は安い!
食べた場所    :鍋屋
          群馬県甘楽郡下仁田町下仁田358

評価はの5段階です。