クレープ クリスティーヌ

これでもかと盛られた生クリームに

「どーやって食べるの?」

と食べるのに悩んでしまう特盛りクレープを食べましたo(^o^)o


上越新幹線と並走してる埼玉新都市交通「ニューシャトル」の羽貫駅。

羽貫駅前にポツンと建っている小さなクレープ屋さん、

クリスティーヌ

クリスティーヌ遠めの外観

クリスティーヌお店正面

カウンターと厨房のみのシンプルな店内。

店内の様子

ズラリと21番まで振られたメニューを見ていると

メニュー

「こんなにあると悩むねぇ(^_^;)」

しかもメニューに写真がなく文字だけで選ぶので、ひとつひとつ頭の中で想像しながら、

生クリームの甘さと相性が良さそうなフルーツはどれかなぁ?

なんて悩みながら出た結論が、

No.9 生クリーム・パイナップル・レモンクリーム

を注文(^_^)v

厨房を覗くと、クレープの生地はすでに焼き上がっていて、生クリームなどをのせるだけ。

クレープを作っている様子

なので、あっという間にクレープの登場\(^-^)/

僕のクレープ

奥様のクレープ

左が僕の「生クリーム・パイナップル・レモンクリーム」。

右が奥様の「ガナッシュクリーム・バナナ・チョコレートソース」。

だいたいクレープというのは、薄く平っぺたいものですが、このクレープは、

「円筒形になるほど具だくさん(^_^)」

奥様のは、バナナが思いっきり頭を出しています。

具満載のクレープ

盛りがいいのはウレシイけれど、

「どーやって食べるの(^_^;) 」

最初のひと口目からして悩みます。

端っこの方から崩れないように気をつけながら食べると、

「生クリームの甘さとパイナップルとレモンの酸味の組み合わせが美味しいo(^o^)o 」

甘さがしつこくなく上品な美味しさの生クリーム、パイナップルの輪切り1個分(たぶん)のボリューム感、適度に酸っぱいレモンクリーム、それぞれが美味しい上に、

「しかしこのボリューム、クレープじゃないよね(^_^)」

食べても食べても減らないような気がするほどのてんこ盛り度。

食べている途中

具が重すぎて、包み紙からクレープを引っ張り出すことができず、

「う〜、崩れてきた。食べづらい(x_x;)」

崩れてきた

自宅に持って帰って、お皿に移して食べたくなるほど食べづらく、手持ちではかなり辛い。

でも、これがマズければ単なる苦痛ですが、

「食べづらいけど、美味しくて目一杯食べられるのは幸せ(*^^*)」

食べ終わった後に

「も〜食べられない(^o^)」

とキツイぐらいに満腹感が満たされ、夜になっても

「お腹が空かないねぇ(^^ゞ」

美味しさとボリュームに大満足のクレープでした。

奥様もクリスティーヌのクレープのことを書いていますので読んでください!
奥様のブログ「やーさんの結婚!?」

追記:駐車場はありません。

クリスティーヌ クレープ データ

  • てんこ盛り度:食べづらいほど目一杯
  • 生クリーム度:甘さやや控えめでしつこくなくて美味しい
  • 満腹度   :キツイぐらいに満腹に
  • お値段度  :370円
  • 場所    :クリスティーヌ
  • 住所    :埼玉県北足立郡伊奈町羽貫 羽貫駅前

評価はの5段階です。