八幡平アスピーテライン雪の回廊00





















以前バイクで走った

八幡平アスピーテライン 雪の回廊

を、今回はミニクーパーで駆け抜けてきました(^-^)

『八幡平アスピーテライン』とは、岩手県と秋田県に渡る県道23号線。

雪深く標高1,000m以上の高所を通るこの県道が、さる4月17日に除雪されて開通したと聞いて、

「まだ排気ガスで汚れていないきれいな雪の回廊を走ろう!」

と、開通2日後の4月19日に走ってきました。

秋田県を走る国道341号線からアスピーテラインに入りると、さっそく残雪を見掛け、

「どのぐらいの高さの回廊になっているか楽しみだね(^-^)」

と運転しながら奥様と会話しつつ山を駆け上がっていくと、だんだん雪の回廊ぽく雪の高さが増していきます。

八幡平アスピーテライン雪の回廊01







「期待したほど高くないねぇ(;@_@)」

ざっと2、3mぐらいって高さの雪の回廊が続き、しかも雪の壁が若干汚れていて、ちょっと気落ちしつつクルマを走らせ、山頂近くにある八幡平展望駐車場へ。

八幡平アスピーテライン雪の回廊09







「気持ちいい眺め\(^-^)/」

バイクで来たときは快晴だったんですが、今回は薄曇り。

でもそれが幸いしてか、白濁してちょっぴり幻想的な光景になっていました。

八幡平アスピーテライン雪の回廊03八幡平アスピーテライン雪の回廊05







動画でも撮ってみました(^-^)



展望台から横を見ると、岩手県側のアスピーテラインが見え、

「こっち側の方が高さが高そう!」

八幡平アスピーテライン雪の回廊04







ということで、駐車場から歩いて岩手県側のアスピーテラインへ。

八幡平アスピーテライン雪の回廊07







みんな考えることは一緒で、前方にも歩いている人たちがいます(^^ゞ

「雪の壁ってだけなんだけど、楽しいね(^o^)」

と、雪の回廊をお散歩。

雪の壁を目直に見て、

八幡平アスピーテライン雪の回廊06












「よくこんな見事なまでに垂直に除雪ができるものだねぇ」

スパッと切ったかのような雪の断面。

「でも、雪の壁だけを写真に撮っても高さがよく分からないよね」

ってことで、ミニクーパーを使って高さを実感することに。

八幡平アスピーテライン雪の回廊10












八幡平アスピーテライン雪の回廊11







ミニクーパーの全高が1,346mmってことからすると、3.5mから4mってところかな。

そんなこんな八幡平山頂付近で雪の回廊で楽しんだ後は、岩手県側の雪の回廊をドライブ。

その風景を動画で撮ってみました。



岩手県側の方が、高く壁も白く、

「こっちの方が楽しいねo(^o^)o」

雪の回廊初体験の奥様も楽しんでいました。

路面は濡れている場所もありますが、凍結はしていないのでチェーンは要らず、バイクでも走れます。

ただバイクで走る場合、雪の壁に囲まれているだけあって寒いので、防寒対策を。

また、当面アスピーテラインの雪の回廊部分は夕方5時以降閉鎖されてます。

【八幡平アスピーテライン データ】
雪の壁度 :切ったかのような雪の壁が3、4mそそり立つ(4/19)
雪の回廊度:クルマで走っても楽しい。オススメは岩手県側。
お値段度 :駐車場410円。通行料0円。
場所   :八幡平
      岩手県八幡平市・秋田県仙北市

より大きな地図で 八幡平アスピーテライン 雪の回廊 を表示
評価はの5段階です