ブログネタ
お刺身・魚料理全般 に参加中!
三崎紀の代まぐろづけ丼10

















東京湾の入口に位置する三崎港。

ここの名物といえば、日本人みんな(?)の大好物

まぐろ!

奥様が

「三崎で美味しいまぐろが食べたいo(^-^)o」

というので、ふらりと昼食を食べにひとっ走り。

着いた先は日の出通りという商店街の中にあるお店

紀の代(きのだい)

三崎紀の代まぐろづけ丼09







お店に入ると、時間が昼の1時を過ぎていたせいもあってか、お客はいなく奥様と僕の2人だけ。

席に着きメニューを見ると

「変わったまぐろ料理があるねo(^-^)o」

三崎紀の代まぐろづけ丼06三崎紀の代まぐろづけ丼07







見てると酒の肴にあいそうな食べたくなるのばかりv(^-^)v

でもいつものごとく飲酒運転になってしまうのでアルコールはNG(TωT)

そこでランチメニューから、

三崎紀の代まぐろづけ丼08







「まぐろづけ丼」と

「せっかくまぐろの本場に来たんだから、アルコール抜きでもまぐろ料理も食べよう!」

と「まぐろのわた」もあわせて注文。

数分後、まず出てきたのが

まぐろのわた

三崎紀の代まぐろづけ丼01







「湯通ししてごま油であえてあります。」

と店員さん。

見た目はちょっとグロ。

三崎紀の代まぐろづけ丼02







食べてみると、

「魚ぽくないね。」

肉厚で魚臭さがないので、肉系の内臓を食べているみたい。

「多分魚臭さを消すためにごま油であえてるんじゃないかな」

と奥様。

湯通しの上にごま油であえているので、まぐろらしさは消されているものの、酒があいそうな珍味です(^O^)

続いてまぐろづけ丼の登場\(^-^)/

三崎紀の代まぐろづけ丼03







まずびっくりするのがまぐろの多さ。

「ご飯が見えないくらいたっぷりのってるぅp(^-^)q」

三崎紀の代まぐろづけ丼04







さすがまぐろの本場三崎港!のっている量がスゴい!

しかも、

「ひと切れの厚みも厚い!」

三崎紀の代まぐろづけ丼05







量も厚さも大満足。

さてお味は、

「う!う!美味い!」

噛むほどに味がジワジワーと出てくるとっても美味しいまぐろ。

もちろん冷凍物ではなく、生のまぐろ。

ほどよくに浸かった“漬け”の味も抜群で、口の中にほおばる度に幸せを感じるような美味しさ。

「この美味しさと量で1,000円は安いねぇ」

ポンと入ったお店で美味しいまぐろが安く食べられたことに大満足の三崎港でした(^O^)


【三崎 紀の代 データ】
まぐろ度 :珍味も定食も揃ってます
厚さ度  :食べごたえアリの厚さ
たっぷり度:食べごたえアリの量
お値段度 :まぐろづけ丼1,000円 まぐろのわた500円
場所   :三崎 紀の代(きのだい)(定休日:火曜日)
      神奈川県三浦市三崎1-9-12


大きな地図で見る
評価はの5段階です

駐車場がよく分からなかったので、港の近くに止めました。
三崎紀の代まぐろづけ丼11






このあたり