河津オートキャンプ場02河津オートキャンプ場08







今まで、バイクでしかキャンプに行ったことがなかったんですが、

「ミニクーパー買ったんだから、クルマでキャンプに行こう(^O^)」

と、奥様から言われ、初オートキャンプへ。

選んだ場所は、伊豆半島の先端に近い河津。

「ところで、オートキャンプって何持って行けばいいの?」

普段のキャンプが極限まで荷物を減らした

タンデムツーリングキャンプ

今回はクルマなので、荷物を増やせるんですが、意外と

荷物をどう増やしていいか分からない(;@_@)

結局、ちょっと大きめのイスと小さなテーブルを持っていくことにしました。

河津オートキャンプ場03







この2つが増えたことで、

「ずいぶんリッチになったよねぇ(^-^)」

いかに今までのキャンプがプアーだったことか(^^ゞ

キャンプサイトはちょっと広めで、ツーリングテントひと張りだと余り過ぎ(^^ゞ

河津オートキャンプ場01河津オートキャンプ場16







ここのキャンプ場の特徴は、

やたらと設備が整っている

こと。

キャンプ場の設備が入った建物が2つもあります。

左が管理棟。

河津オートキャンプ場06河津オートキャンプ場07







選んだキャンプサイトの対面にはアスレチック。

河津オートキャンプ場04







ビシッと整理整頓された流し。

河津オートキャンプ場09







流しは部屋になっていて、虫が寄ってこない上品な仕様。

さらに、食器洗いスポンジや食器洗い洗剤、まな板までも完備されている充実ぶり!

もっと驚くのが、お風呂も設置されているのですが、

なんと、温泉!

河津オートキャンプ場10河津オートキャンプ場13







しかも、露天風呂の上、ジェットバス付き!

河津オートキャンプ場12







凄い(◎o◎;)

更にスゴいのが、トイレにエアタオルまで完備!

河津オートキャンプ場15







照明も、人感センサーで明かりがつき、便座がウォームレットになっていて、ほのかに暖かい(^-^)

至れり尽くせりのフル装備。

テントサイトだけでなく、三角形したキャビンもありました。

河津オートキャンプ場17







そんなキャンプ場なので、来ている人達の装備も無茶苦茶揃っている。

タープすら設置していない僕らとは

「『キャンプ』という言葉でくくれないぐらい違うなぁ(^^ゞ」

そんな中、僕らの自慢は、

コンロが2つ!

しかも

燃料が違う!

河津オートキャンプ場05







お湯を沸かしたりする時は、ホワイトガソリン。

じっくり焼きたい時は、ガス。

2バーナーのコンロはよく使われていますが、2つの燃料が違うコンロを使っている人はあまりいないでしょう。

『強力な火力のホワイトガソリン』と『弱火も使えるガス』の組み合わせは、料理がスムーズに進んで、とっても便利!

キャンプ場に来る前にスーパーで買い込んだお魚を焼きつつ、

「こんな便利なキャンプに慣れちゃったら、今までのようなキャンプは出来なくなっちゃう(^^ゞ」

でも、

「便利すぎて、アウトドアしている感覚が弱いよねぇ」

なんて奥様とお話をしながら、キャンプ場の夜を満喫しました(^-^)

おまけに、シュラフ干し場と化してしまった、ミニクーパー(^^ゞ

河津オートキャンプ場18








フル装備度:完璧です
温泉度  :ジェットバス付きで気持ちいい!
価格   :テントサイト3150円〜 大人1人840円〜
場所   :河津オートキャンプ場
      静岡県賀茂郡河津町川津筏場555


評価はの5段階です