ブログネタ
日本の風景 に参加中!
行田忍城7行田忍城1







行田忍城2行田忍城3







先日バイクで埼玉県の行田市を通ったときに、

忍城

と書かれた看板が目に入り、

「忍者の作った城かな?」

城名の

「忍」

の文字に好奇心がそそられ、忍城を見に行くことに。

奥様と

「『しのびじょう』ってどんな城なんだろうね?」

なんて話しをしながら、行田の街に入ってくると、

「浮き城のまち」

とあっちこっちに書かれて

「忍で浮き城ってことは、『スイトンの術』か?」

ますます好奇心を揺さぶりますo(^-^)o

駐車場にバイクを停めて、城の天守閣ぽい建物を目指して歩いていくと、お城について書かれた看板を発見。

読むと、

忍城(おしじょう)

と書かれていました。

行田忍城6







「忍城」は

「しのびじょう」

と読まず、

「おしじょう」

と読むんでした。

で、『忍』は、

忍者の『忍』

ではなく

「忍(おし)」という地名

だったんことが、後に判明。

かなりがっかり(+_+)

また、「浮き城」という謂われは、城の周りに網目のように堀が巡らされていて、豊臣秀吉の家臣だった石田三成が忍城を攻めあぐね

「まるで水に浮く城のようだ」

と嘆いたことによるんだそうで、『スイトンの術』とは関係なかったんです。

またがっかり(+_+)

そんな忍城ですが、天守閣らしき建物は見えるものの、

「どっから入るの?」

と入口が見つからない(T_T)

お城の周りを歩き回って、天守閣から渡り廊下らしきモノが出ているのを発見!

渡り廊下をたどっていくと、

行田市郷土博物館

行田忍城4







に着きました。

博物館の中に入って入場料を払うと、行田市の歴史や文化に関わるモノが展示されていて、

「ふーん」

と、見て回っていよいよ忍城天守閣に続く渡り廊下へ。

渡り廊下を経て天守閣に入ると、中も行田市の歴史や文化に関わるモノの展示コーナーになっていました。

また展示を

「ふーん」

と見ながら本丸最上階に到達。

期待しながら外を見ると、

「ひ、低い(+_+)」

行田忍城5







本丸は3階建て。

「天守閣からの眺めがこれでは(+_+)」

またまた期待を裏切られることに。

名前に妙な期待したけど、城名を読み間違えたり、期待はずれな天守閣からの眺めだったりと、がっかりなツーリングポイントでした(+_+)

忍者度:忍者は関係ありませんでした
眺め度:低かった
入場料:200円
場所 :埼玉県行田市本丸17-23

評価はの5段階です