ETC走行レーン東北道浦和料金所





今日は仕事の定休日(^○^)

でも、大雨でバイクに乗ることはおろか、出掛けることさえ出来ません(>_<)

なので、昼間っからブログ書いてます(^^ゞ

さっき

二輪車ETCモニター窓口さん

から「ETC利用の注意」についてのメールが来ました。

内容は、

「モニター指定レーンを通行しましょう」

「モニター指定地域で使用しましょう」

「ETCレーンでは徐行しましょう」

というもの。

「なんでこんなメール今頃くるんだろう?」

と、思いつつ思い当たる節が。

「先週浦和料金所の通行レーンがまずかったかな?」

先週バイクで東北道を走りました。

その時に、浦和料金所で一番右側のETC専用レーンを通過しました。

料金所を通過中、

「バイク用走行帯が路面に書かれていないなぁ?」

と、疑問に思いつつそのまま通過しました。

いま、バイク用ETCモニター専用ページで、通行レーンを確認したら、

バイク用ETCで通ってはいけないレーン

でした(◎o◎;)

「通ってはいけないところを通っただろ!」

というお叱りのメールでした(^^ゞ

上の写真が、問題の浦和料金所で、

浦和料金所(入口:岩槻方面)

と書かれている部分が、首都高から東北道に入るときに通過する浦和料金所。

その中で、3から10が本線上の料金所。

5ヶ所あるETC専用レーンのうち、矢印のついている3と4だけが、バイク用ETCの通過出来るレーンなのですが、僕は

10を通過してしまいました(^^ゞ

ごめんなさい<(_ _)>

でも、

全部バイク用ETCにしといてよ(-"-#)

とも言いたい。

バイク用ETCのモニター期間が終わり、一般に利用される頃には、8から10も通過出来るようになっていて欲しいです。

通行レーン分からない度:看板出しておいてほしかった

評価はの5段階です