ブログネタ
東京からの日帰り温泉 に参加中!
ほったらかし温泉1ほったらかし温泉2







山梨県の中央に広がる甲府盆地を見下ろす山間に露天風呂が名物の温泉があります。
その名も

ほったらかし温泉

へんな名前(^-^)

でも、名前にすごく意味があるんです。

山道を登って来ると、

駐車場が砂利敷で工事現場っぽい(^^ゞ

早速駐車場から「ほったらかし」。

駐車場から建物に進むと、

妙なの亀の木彫りがお出迎え

「あやしいムード」を盛り上げています(^^ゞ

さらに進むと看板が
ほったらかし温泉3







温泉が2つあって、またまた名前が

あっちの湯
こっちの湯

いい加減なネーミングがさらにあやしさを盛り上げます(^^ゞ

2つありますが、行ったときに営業していたのは「あっちの湯」だけ。

あっちの湯に向かう途中のトイレの看板
ほったらかし温泉4







そんなに男女で差をつけなくてもいいのに(^^ゞ

女子トイレからの景色は奥様が、

私のブログで書く!」

とのことなので、奥様のブログで見てください。

ここが「あっちの湯」入り口
ほったらかし温泉5







ほったて小屋みたい

ほったらかし度満点(^^ゞ
壁なんて、
ほったらかし温泉6







継ぎ接ぎだらけの壁

ほったらかし度の演出しすぎ(^^ゞ

そんな、あやしいムード満点の温泉ですが、

露天風呂からの眺めは最高(^o^)

ですが、残念ながら風呂場は撮影禁止。
なので、外からの眺め
ほったらかし温泉8







写真中央にうっすら白い三角形の山が「富士山」です。
薄曇りだったので、白い富士山と空が同化しちゃっていて残念(T-T)

夜景はこんな
ほったらかし温泉10







デジカメではきれいに撮れませんでした(T-T)

露天風呂からの眺めはアマゾンの本の紹介ページの写真で。
厳選 極楽の露天温泉50


浴槽は3つあって、1つは内湯。2つは露天風呂。
内湯だけが源泉みたい。

建物は仮設事務所のような安っぽいつくりながらも、洗い場まわりの設備はキチンと整っています。
「リンスインシャンプー」と「ボディーソープ」あり。

露天風呂はかなり大きめ。
男女の仕切り壁ぐらいしかなく、富士山と甲府盆地に向かって思いっきりひらけていて

開放感がたまらなく気持ちいい(^o^)

また、露天風呂の温度が体温よりちょっと暖かいぐらいのかなり「ぬる目」になっているので、

富士山を眺め続けてものぼせない(^o^)

でも、まだ今の時期では

ぬるくて風呂から出られない(T-T)

露天風呂の深さも浅めになっているので、

富士山を眺めながら「寝湯」出来る(^o^)

リラックスした姿で富士山を眺めながらの入浴が出来るなんて、「ほったらかし」ではなく、

かなり緻密に設計された風呂

です。

風呂から出て、休憩コーナーへ。
休憩所は2つありますが、
ほったらかし温泉9ほったらかし温泉7







やっぱりほったらかし(^^ゞ

良く言えば「質素」ですね。

奥様がこの温泉の感想を

「私の中では1番の温泉よ!」

と言い切ってます。

入浴料が600円と、壮大な富士山の眺めを堪能出来る露天風呂としては格安。

富士山を眺めながら風呂に入ることだけ

に集中させて、あとは「ほったらかし」の温泉。

素晴らしい「ほったらかし」な温泉でした。

ほったらかし度:温泉以外はほったらかし
絶景度    :富士山と甲府盆地を一望
リラックス度 :ぬる目で浅い風呂でじっくりリラックス
温泉の巧み度 :名前と裏腹に巧みに考えられています
値段     :600円
営業時間   :日の出1時間前(!)から夜10時まで
場所     :ほったらかし温泉
        山梨県山梨市矢坪1669-18

評価はの5段階です