ブログネタ
☆★☆ 紅葉 ★☆★ に参加中!
高桐院1高桐院4















京都大徳寺の中に紅葉のきれいなお寺があります。

高桐院

「こうとういん」と読みます。

JRの「そうだ京都へ行こう」CMにも登場しているお寺でもあります。

そんな高桐院について、今日と明日書きます。
今日は高桐院の参道について。

高桐院は紅葉のきれいさだけでなく、参道のデザインの秀逸さでも京都の寺院の中でもトップクラス。
これほど楽しみながら歩ける参道は珍しいです。

表から本堂までの長い参道は右に左に曲げながら、奥へ奥へと導く設計がされています。

目的地まで直線で結べば体力的には楽になりますが、直線距離が長いと精神的には苦痛です。
また、直線だといきなり目的地が見えているので、歩く楽しみがありません。
そこで、道のりを右に左に曲げて、目的地を隠します。

曲げたポイントに、
「そこまで行ってみよう」
と思わせる仕掛けをし、そのポイントまで歩く。
そのポイントに着くと次の道が開けている。
また次が楽しみでまた進む。

そんな仕方がされている高桐院の参道。

何回か参道を通ったことがあったんですが、距離はなにも感じていませんでした。
ある時、参道の写真を撮ろうすると、望遠レンズで撮れてしまい、

「この参道って長かったんだ」

と感じました。

「結果をいきなり見せるのではく、途中途中に目標物をおいていく」
のは、道のりに限らず小説や仕事などいろんな場面で使われている手法ですが、その手法を使って歩かせる楽しみを持たせた参道。
高桐院は武士であり千利休の弟子で茶人でもあった細川忠興の建立で、茶人忠興の粋な計らいを感じることが出来ます。

明日は高桐院のお庭をご紹介します。

参道度:歩きながら楽しめます
値段 :参道は無料です(拝観料は400円)
場所 :京都府京都市北区紫野大徳寺町73-1

評価はの5段階です